ぎんきょうの紹介

HOME | INTRODUCTION | INTRODUCTION

ご挨拶

 2002年に目白にて最初のレストランをオープンさせていただいてより18年、時代の変遷とともに日本におけるフランス料理屋の在り方も変わってきたように感じます。晴れの場や接待での食事から日常に食を楽しむ場へ。大人数から気の合う少人数での会食へ。また、飲食業界における人材不足も深刻化の一途を辿っております。そんな中で2017年、50数席の目白の店舗を閉め、家族でより親しみやすい店舗へとシフトする決断をいたしました。
 
 それから2年、ようやく東北沢の地にて新店舗をオープンさせていただく運びとなりました。スタッフは3人だけ、目白時代の3分の1の小さな店です。ビストロ形式で料理をお好みでオーダーいただき、シェアしていただくことも大歓迎。お1人でも、料理とワイン1品だけでも、気軽にお立ち寄りいただきたい。でも、料理には自分が培ってきた技術をベースに、吟味した素材に手間を惜しむことなくかけたい、そんな店です。
 
 まだスタートしたばかりの小さな店です。皆様のご指導ご鞭撻をいただきながら、ゆっくりと大事に育てていくことが出来ましたら幸いです。今後とも ぎんきょう をよろしくお願い申し上げます。

2020年1月吉日
オーナーシェフ 沖江     展

ぎんきょうオーナーシェフ 沖江
経歴
宮崎県出身。中高を愛媛県で過ごす。小学生の頃より料理人を目指し、大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後東京にて就職。芝公園 旧・レストラン クレッセントにて15年勤務、シェフド ソーシエを務める。在勤中 修行の為渡仏。退職後ルリスダンラバレ料理長等を経て、2002年目白にてフランス料理GINKGOを開店。移転の為2017年閉店。現在に至る。
 

目白 フランス料理GINKGO(2017年閉店)

img20200108215042104189.jpg img20200108215038246724.jpg img20200108215029650578.jpg img20200108222312353147.jpg img20200108222317909863.jpg

ロゴ・プレート原画:佐藤忠良氏 設計: 泉幸甫建築研究所